KM新宿クリニック 効果

KM新宿クリニックはこんな医療レーザー脱毛サロン

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックは簡単・安全に、全身ツルスベを目指せると話題

 

ドイツ生まれの 最新医療レーザー機器を使用した「ハヤブサ脱毛」にあります。
この最新機器を導入しているクリニックは非常に少なく、日本国内で数台しか保有されていません。

 

独自の研修をクリアした知識と技術力が豊富なスタッフのみが施術する
システムを「ハヤブサ脱毛」と呼んでいます。

 

KM新宿クリニックの医療レーザー脱毛は効果があっても痛いの
や時間がかかりすぎるのがイヤな方にぴったりの脱毛法。

 

施術した前後で確かな効果を実感できるのはハヤブサの最新脱毛
痛みが少ない全身医療脱毛でツルスベ肌を体感!

 

↓↓公式サイトはこちら↓↓

http://www.kmshinjuku.com

 

KM新宿クリニックの効果 ハヤブサのここがすごいところ

KM新宿クリニック

断トツに短い施術時間

ダブルパルスシステムと呼ばれる2種類の波長で照射することで大幅に施術時間を短縮

 

身体の広い部分(背中・お腹など)では施術にかかる時間が
1/3〜1/4程度に短縮されるので、負担も少ないです。
施術部位や毛量、太さなど個人差はあります。

 

急速冷却装置で痛みを軽減

医療レーザー脱毛

痛みが大幅に緩和され、やけどのリスクが軽減。

 

ダブルパルス照射によるバルジ周辺の温度を上昇させるため、
肌のダメージが少なく、レーザーは従来の半分以下の皮膚温度まで上昇を妨げ、
肌トラブルや痛みも少ないです。

 

痛みに弱い方でも安心して施術できます。

 

効率的にバルジを破壊してくれる蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛とは
毛根を約250℃の強い熱量で破壊することで毛を生えなくさせる脱毛方法です。

KM新宿クリニック

 

新しい脱毛スタイルである「蓄熱式」は約65℃の弱い熱量でじわりじわりと発毛因子である
バルジにメージを与えて脱毛するので、やけどやシミになるリスクが大幅に軽減。

 

毛根ではなく、毛包へアプローチする蓄熱式の脱毛は、毛周期に関係なく
照射することができ、より短いスパンで脱毛を完了できます。

 

今の主な脱毛方法は毛根・毛母細胞を直接的にレーザー熱で破壊するので
皮膚への負担が大きくてシミややけどの原因になってましたが
ハヤブサの蓄熱式脱毛はバルジ(幹細胞)をターゲットに破壊することで効率的に脱毛。

 

肌の色が濃い方(日焼けした方)などあらゆる肌質の方にも対応でき
ハヤブサ脱毛は、硬毛化の報告が極端に少なく、硬毛化した毛や産毛も可能。

 

蓄熱式脱毛なのでやけどになりにくく肌にも優しい

ハヤブサ脱毛は、肌の温度上昇を半分以下に抑えて、毛包周辺の温度のみをジワジワと上昇させることで、
肌へのダメージは少なく、お肌に優しい脱毛といえます。

 

毛周期の内、成長期にある毛はもちろん、退行期にある毛に対しても一定の効果が
期待できるため施術期間が大幅に短縮されます。

 

KM新宿クリニックのハヤブサの施術前後のお手入れ方法

KM新宿クリニック

医療レーザー脱毛を受ける際は、より脱毛効果を実感できるように施術前後にしっかりと肌をケアしておくことが大切。
医師とのカウンセリングの際には、施術前や施術後に気をつけるべきことを、事前に聞いておくと安心です。

 

ハヤブサ脱毛の施術前のケア

施術2週間前からは、毛抜きなどでムダ毛処理をすると、レーザーを照射してもムダ毛に反応
しない場合があるので、しない方がいいです。

 

施術前日には、施術部分の毛を剃っておいてください。
その際は、できるだけ電気シェーバーなどを利用してください。

 

一般的に日焼けをしていない方が脱毛の効果を得やすくなりますので、
日焼け対策は十分に行うようにしましょう。

 

ハヤブサ脱毛の施術後のケア

KM新宿クリニック

施術後は施術した部位をなるべく刺激しないような生活を
送るようにします。洗う時もタオルでゴシゴシこするのではなく、
手のひらを使ってやさしく洗うようにします。

 

施術後に肌が敏感になっていますので、汗をかきやすい運動や、
アルコールの摂取、サウナなども避け、当日はシャワーのみと
するように心がけましょう。

 

施術前と同様に、施術後も徹底した日焼け対策が必要です。
日傘や手袋などのグッズなども併用して行うようにしてください。

 

施術後は肌の乾燥や赤みが出るなどの、通常とは違った症状が出ることがありますので、
事前に保湿に気をつけておくと、万が一のトラブルを最小限に抑えることができます。

 

施術をするにあたっての注意点

中には施術ができないといわれる方もいるので医師と充分に相談して下さい。

 

施術部位の日焼け、肌に炎症がある方

KM新宿クリニック

日焼けした肌にも施術可能ですが、日焼け部に反応が強く出てしまう
可能性がありますので、施術部位の日焼けはなるべく控えてください。

 

脱毛3〜4週間前頃から、脱毛部位へのケミカルピーリング等の肌に
刺激を与える行為は控えてください。

 

肌に炎症がある場合は、レーザー照射によってさらに悪化させる場合があるので
肌が万全な状態で施術できるよう、炎症などによって赤みが気になる場合は、医師に相談してください。

 

妊娠中の方や授乳中、薬を飲んでいる方

KM新宿クリニック

妊娠中や授乳中は母体への影響を考慮し、脱毛はできません。

 

一時的にお休みをして、授乳が終わったら再度脱毛を開始しましょう。
また、既存の疾病で薬を飲んでいる方は、薬を処方している病院の医師に確認するようにしてください。

 

照射部位に刺激を与えない方が良い

医療レーザー照射後は、当日からシャワーに入ることができますが、照射部位を強く
こすったりしないように注意しましょう。また、施術後は乾燥には十分に気をつけ、
保湿ケアを十分にしておくと、肌が元の状態に戻りやすくなります。

 

また、施術部位の体温の上昇も肌に負担をかけるので、サウナや暑いお風呂に入るなどはダメです。

 

 

脱毛期間中の毛の処理

KM新宿クリニック

レーザー脱毛中はなるべく肌に負担をかけないこと、傷をつけないことが大切です。
カミソリを使用しての自己処理は肌への負担が大きいです。

 

クリニックでの脱毛が始まってもしばらくは自然に毛が生えてきます。
気になるときは、電気シェーバーで処理をしましょう。
カミソリを直接肌に当てているわけではないので、肌への負担や刺激が少なくて済みます。

 

 

施術できないケース

過度な肌トラブルがある場合、クリニックでの脱毛ができない場合があります。

 

また、傷跡のある箇所は脱毛ができません。タトゥー(刺青)のある箇所も同様です。
また過度な日焼けによりお肌にダメージがある場合も同様です。

 

アルコールは体温を上昇させるため、脱毛の前後12時間は摂取しないようにしましょう。
予防接種は体調を崩すこともあるため、脱毛の前後10日間は受けないようにしましょう

 

 

http://www.kmshinjuku.com

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑

 

医療レーザーとエステ脱毛の違い

医療レーザー脱毛と主なエステ脱毛との違いはこちらです。

 

医療レーザー エステ脱毛

効果

医療機関で行うので、永久脱毛が可能 一時的な脱毛のみで、期間をおくとまた生える

使用機器の違い

レーザー照射のパワーが大きく短時間で可能 機器の効果が弱いため施術時間も長い

痛み

ほとんど無痛 効果が期待できない場合が多い

安全性

万が一のトラブルにも適切かつ迅速なケアを受ける事が可能 トラブルが起こると、医療機関へ行くことを指示されます。脱毛や皮膚に関しても専門的ではないで、十分な対応が行えない場合がある。

価格

回数が少ないので、トータル価格が安い 安いプランもあるが、数十回通院して、トータル価格が高い

 

医療レーザー脱毛は、これまでクリニックなどで行われてきた脱毛方法に比べると安全性が高く、
短時間で施術することができます。

 

また、脱毛効果も高く、ツルツルな肌になることができるなどのたくさんのメリットがあります。
医療レーザー脱毛は、医療機関のみの脱毛になりますので、脱毛の際には肌への
サポートも充実していますので、安心して受けることができます。

 

KM新宿クリニック

 

医療レーザー脱毛は永久脱毛なのでしょうか?

永久脱毛」医療レーザー脱毛は1996年に始まった新しい脱毛方法で、
導入期間が短いので永久脱毛を証明することはできません。

 

アメリカの脱毛の協会が「脱毛後1ヵ月の毛の再生率が20%以下」を永久脱毛と提唱。
施術後多少生えてきても、発毛の再生率が20%以下であれば「永久脱毛」と言えるのです。

 

ただ、医療レーザー脱毛で元の毛がある状態に戻ったという報告は今のところありませんし、
永久的に生えないと考えて良いでしょう。

 

KM新宿・銀座クリニックのハヤブサ脱毛は、急速冷却システムで肌の温度上昇を抑えながら施術できますし、
スタッフが出力や照射時間などを肌の状態を見てダメージにならないよう肌に優しい脱毛といえるでしょう。

 

KM新宿クリニックのハヤブサ脱毛は成長期・退行期に脱毛が可能

「ハヤブサ脱毛」は発毛幹細胞である「バルジ」を破壊するため、細くても毛が生えている状態の
成長期(初期)〜退行期に脱毛が可能で完了までの期間も格段に短縮。

 

「毛周期」とは
体に生えている毛には、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの生え変わりのサイクルを
繰り返していると言われています。

 

毛周期は生えている場所によっても期間が異なり、毛の伸びる長さも決まってきます。

 

成長期
毛がどんどん伸びていく時期なので、この成長期が長ければ長いほど毛は長く成長します。

 

退行期
細胞分裂がストップし、毛の成長が止まります。伸びていないけれど、毛が生えている状態です。

 

休止期
成長が止まった毛が自然に抜け落ちます。そしてしばらく休んだ後に、また細胞分裂が始まり、新しいサイクルが始まります。

 

脱毛のタイミング

 

KM新宿クリニックは毛周期は関係なくできるので
安心して下さい。

 

 

↓↓まずは無料カウンセリング↓↓

http://www.kmshinjuku.com